企業内

仕事の内容と現在のトレンド

税理士の最近の動向、トレンドとして挙げられるのは「企業内税理士」という働き方です。そもそも税理士の仕事は3つの独占業務を行う仕事です。3つとは「税務の代理」、「税務書類の作成」、「税務の相談」です。しかし最近はこれらの従来の業務以外に「コンサルティング業務」の需要が高まってきています。コンサルティング業務の内容としては、一般企業を相手に「経営者や経理担当者からの多岐に渡る相談以来」、「資金、投資、資産運用、IT化、保険などの計画に関する助言」などを行います。わかりやすく説明すると企業の健全な経営、金融機関との良好な関係の築き方などの「経営計画などの指導」、会計システムの導入による業務の効率化などの「ITコンサルティング」などです。

近年急激に需要が高まっている税理士の新しい働き方

税理士の働き方として需要が高まってきているのが、先ほどお伝えした「企業内会計士」です。一般企業の場合、創業者の出身分野は大きく2パターンに分けられます。「商品開発者」と「営業マン」です。そのためこのどちらかの分野に特化した企業は多くありますが、「財務経理」に特化している一般企業は少数です。なぜなら財務経理出身者が創業する企業はメーカーなどの一般企業ではなく、税理士事務所、会計士事務所、経理コンサルティング会社などになるからです。そのため一般企業は財務経理に関する仕事で独占業務となる部分をアウトソーシングしている企業がほとんどです。しかしそれでは高額のコストがかかり、またトラブルが起きた際の対応に時間がかかります。そのため社内に独占業務を行える人間を置く「企業内税理士」という働き方の需要が高まってきているのです。